porno porno porno porno porno porno porno porno お湯がカラーダメージを起こす。 | 恋愛100年草
porno porno porno porno porno porno porno

お湯がカラーダメージを起こす

季節によって女性は様々なファッションを楽しみます。
それは洋服だったりメイクだったり・・・
そして髪色であったり!
今では、髪型以外でもカラーを季節に合わせることが普通になり、
女性はそのきれいな色を維持するために
努力します。
カラーダメージ用のシャンプーなども積極的に買っているかもしれませんが、
実はその色が落ちる原因は身近にある場合も・・・・
その中でも見落としがちなのが、お風呂に入る時の温度。
気持ちいいから、という理由で40℃以上の熱いお湯で
髪を洗っていませんか?

そのちょっとした行動がカラーダメージにつながるのです。

実は、ヘアカラーは熱に弱いのです。
そのため、洗髪の際には、熱いお湯ではなく、
できれば体温よりちょっと高い38度くらいのぬるま湯を使って
洗った方が綺麗な色を長持ちさせることができます。
また、色落ちをもたらすだけでなく、熱いお湯で髪を洗っていると、
キューティクルのはがれやすさにもつながってしまいます。
熱いお湯は、髪の表面を傷つけ、内部のタンパク質などを
流れ出だして、髪を中身から痛めることで、髪の、しいてはカラーへの
ダメージの原因にもつながります。

お風呂の際には熱いお湯でのシャンプーは避け、ぬるま湯を使った洗髪を心がけたほうがよいでしょう。

最近はまっているアンジェリカワックス、詳しくはこのサイトが参考になります。体験記事もついてます

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ